結婚内祝いって何?贈るときに欠かせないマナーをチェック!

結婚内祝いを贈るうえで知っておきたい知識

weddingselect

結婚内祝いについてしっかり理解しておこう

結婚式を挙げるにあたって欠かせないのが引き出物などのお返しの準備。その中のひとつである「結婚内祝い」は、ご祝儀をくれた人で式に出席出来なかった人に贈るお祝い返しの品です。失礼のないように贈る際のマナーや常識をチェックしておきましょう。

失礼にならない結婚内祝いの贈り方

結婚祝いをいただいたらすぐにお礼の電話をする

一般的に結婚祝いは挙式の1ヶ月前~1週間前までに贈られます。お祝いをいただいたらすぐにお礼を伝えましょう。手渡しの際はその場で、自宅へ郵送されたのなら電話で感謝の気持ちを伝えます。メールでは失礼だと捉えられる場合もあるので要注意です。

いただいたお祝いの額を確認する

結婚内祝いは、いただいたお祝いの半分の金額である「半返し」が一般的です。金銭ならすぐに分かりますが、品物でいただいた場合は金額を確認しておきましょう。おおよその額が分かれば大丈夫です。

あらかじめお返しリストを作っておく

お祝いをくれた相手の名前や連絡先などをリストアップしておきます。その際いただいた品物と金額を一緒に書いておきましょう。送り忘れないよう、披露宴に招待したかしていないかもしっかりと記入を。

品物を選んでおく

結婚内祝いは挙式後に送付しますが、お返しを贈る相手の年代や好みに合わせて選ぶのは意外と時間が掛かるもの。そのため挙式の準備と並行してお返しの品物をチョイスしておきましょう。そうすれば挙式もお返しもスムーズに進められます。

結婚内祝いをお礼状と一緒に発送する

挙式が終わったら、1ヶ月以内に結婚内祝いを送付するのがマナーです。送り忘れが無いよう、遅れないように注意しましょう。また、気を遣って内祝いを拒否するケースもありますが、こういった場合は無理に渡さず別の機会にさりげなくお返しをするのがベターです。

結婚内祝いって何?贈るときに欠かせないマナーをチェック!

ギフト

マナー違反をしないために知っておきたいこと

幸せをお裾分けしてくれたことへの感謝を込めた贈られる結婚祝い。そのお返しである結婚内祝いでは、贈ってしまったら失礼にあたるものもいくつかあります。贈ってはいけない品物を事前に知っておくことも大切です。

結婚内祝いで贈ったらいけないものとは?

まず絶対に贈ってはいけないのが緑茶です。葬儀の際に贈られるので、祝いの場には用いないようにしましょう。この他にも相手を踏みつけるという意味合いをもつ履物や、縁を切り裂く刃物も贈らないほうがいいとされています。

結婚内祝いののしには深い意味がある

紅白と金のきらびやかな水引が特徴的なのし。結婚祝いでは一般的にあわび結びが使われています。これは末永い付き合いという意味合いが込められていて、夫婦の結びつきが末永く続くように祝うものとなっているのです。

結婚内祝いの風習の始まり

結婚祝いへのお返しである結婚内祝いの風習は、明治時代から始まったのではないかと言われています。明治時代までは結婚というイベントがそこまで重要視されておらず、婚姻が制度化されたのも明治中期頃。このあたりから結婚内祝いの風習も根付いていったとされています。