結婚式で欠かせない引き出物。どんなものを用意すればいい?

誰にでも喜ばれる引き出物選びのポイントをおさえておこう

weddingselect

結婚式で欠かせない引き出物。どんなものを用意すればいい?

プレゼント

引き出物の歴史と由来

引き出物の歴史はたいへん古く、はるか平安時代にまでさかのぼります。平安貴族の宴の土産として馬を引いて出たことから「引き出物」と呼ばれるようになったという説が有力です。そのため、結婚式での引き出物も本来は手土産として持ち帰ってもらうものでした。しかし現在では、年代や性別に合わせた引き出物を用意するのが一般的です。

引き出物の金額相場の目安とは

引き出物の相場は結婚披露宴に掛かる飲食代の約3分の1が目安とされています。また、地域や家柄によって引き出物の相場が違うのも面白い特徴です。会員制披露宴が主流の北海道では相場が低めだったり、新郎新婦両家のしきたりが異なる場合は引き出物選びに苦労することもあります。そういった場合はお互いに妥協するか、別々の引き出物を準備するなど事前の話し合いが大切になります。

喜ばれる引き出物、喜ばれない引き出物

様々な種類がある引き出物ですが、もらって嬉しいものとそうでないものがあります。自分で好みの品物を選べるカタログギフトや、消耗品であるお菓子や飲食物はとても喜ばれます。一方でもらっても正直困ってしまう・・・という意見が多いのが、新郎新婦の名前入りの食器。食べ物に印字されているのなら困りませんが、食器は持ち帰るときに重たくてかさばり、処分する際に困るといった声が多数となっています。