結婚祝いや内祝いにも!素敵なフラワーギフトの選び方

贈る側も受け取る側も笑顔になれるフラワーギフト

weddingselect

結婚祝いや内祝いにも!素敵なフラワーギフトの選び方

フラワー

心も彩るフラワーギフトのすすめ

日々の生活の中に花などの植物があると、心身ともにリラックスできて優しい気持ちになれるもの。特に女性に人気の高いフラワーギフトはオススメです。相手のイメージに合ったカラーや花を選べば、きっと喜んでもらえるでしょう。

結婚祝いに贈りたいフラワーギフト

結婚祝いにも結婚内祝いにも喜ばれるフラワーギフト。夫婦の門出にピッタリなアレンジメントを施したフラワーギフトは、相手の気持ちを穏やかで幸せなものにしてくれます。なかでもお手入れのしやすいプリザーブドフラワーはオススメです。

フラワーギフトの選び方

フラワーギフトには様々な種類があります。生花やプリザーブドフラワーなど、観賞用にするか装飾用にするかで選ぶのもいいでしょう。花の性質によって向き不向きもあるので、アレンジメントの際は注意したいものです。

フラワーギフトの種類について

生花

いわゆる切り花を指します。ブーケなどの花束にも使われるほか、かごなどに生けてアレンジメントを楽しむことも出来ます。生きている花を切ったものなので、花の鮮度や香りを存分に楽しみつつ、季節感を味わうことも出来ます。

プリザーブドフラワー

専用の液体に浸し、生花のような鮮度を長時間保てるのがプリザーブドフラワーの最大の特徴。お世話をする必要はないものの、直射日光やホコリには弱いという性質を持っています。様々なアレンジメントを楽しめるのも魅力的です。

ドライフラワー

ドライフラワーは、生花を乾燥させたものを指します。自然乾燥させるので、プリザーブドフラワーとは製法が異なります。リースにして贈るのが一般的です。生花のような鮮やかさはないものの、観賞用として長時間楽しめます。

造花(アーティフィシャルフラワー)

布などで出来た造花をアーティフィシャルフラワーと呼びます。お手入れ不要のため手軽に部屋においておけることから、装飾用としてたいへん人気です。ただし、生花とは違って花のもつ香りや鮮度は持ち合わせていません。

フレームアート

プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーを額縁の中に飾り付けたものをフレームアートと呼びます。絵画のように飾っておけるのはもちろん、フォトフレーム付きのものと一緒に贈るのもオススメ。

贈ったら失礼にあたるフラワーギフトとは?

夫婦の明るい未来を祝福する結婚祝いにおいて、黄色いバラは失礼にあたるとされています。黄色いバラの花ことばは「嫉妬」なので、アレンジメントを贈る際は避けた方がいいでしょう。反対に青いバラは花嫁に幸せを運ぶ花とされています。